んだべな実験農園公開ノート

プランターで作る野菜のブログ

ニンニクの沈黙は続く

寒い寒い寒すぎる。
寒いとなんにもやる気が起こらない。
とだけ言い訳しておこう。

ニンニクプランター。特に変化なし。

 まさに、微動だにせず。

黒ニンニクはというと、

以下同文。と言った感じ。
冬の菜園って、路地の場合は特に変化がない。
こんなものだと思ってください。

一応赤くなるニンジン

ふと足元のニンジンを見てみた。

まだ枯れていない。
アウトかセーフかでいえばセーフだろう。
少しホジホジしてみた。

一応赤い根っこが見えた。
やっぱりセーフだろう。
ということで、観察はまだまだ続きます。

豆が萎れていく

豆は藁をかぶせるなどして防寒しなければいけなかったことを思い出した。

なんのけなしにほったらかしだったそら豆、よく見ると、

 こっちでも、

はたまたこっちでも、

葉っぱが萎れ始めている。
やっぱり防寒は必要だったのね。
なんだか意欲が向上しない今日この頃。
去年から引きずっている恋煩いが、またぞろうずうずと呻いている。
なんかいいことないかな。

そろそろ寒肥の用意を

冬には肥料施肥が必須だべさ。
しかし、鶏糞や豚糞は施肥の仕方が難しい。
そんな時に頼りになるのが液肥だべさ。

某農業用資材のチラシで宣伝していたサンプル。これで5kg入ってる。
1000倍に薄めて使うのだから、オイラにとってはサンプルの域を超えている。
コイツの難点は、スポイトとかが付属されていないことだ。

オイラはこいつを、

こういうもので吸い上げなければならない。
まあいいか。
さて、そろそろ液体肥料をジャバジャバと蒔きに行くかな。

再生しにくい季節にバンバン使うネギ

ラーメンを食べるときにネギは必須アイテムとなるのは誰もが同じだろう。
その日の朝は、「ござるな~」ではおなじみの袋らーめんを食べる事にしていた。
従って、ネギが必要になるということである。

先日植え付けた根っこもまだ伸びていない様子。
しかし、そのとなりの大きくなっている株をチョッキンする。

 ぼやけてしまった

小さいので2株必要になるのだ。
春までには、伸びている株の全てを使い果たしてしまいそうだ。
早く暖かくならないかな。