んだべな実験農園公開ノート

プランターで作る野菜のブログ

忘れていたパプリカの重要な事項

すでに何度か収穫しているパプリカ。
なんか変だと思っていたが、苗札を見て思い出した。

そうだ、これってフルーツパプリカだったんだ。
青いうちに収穫していい気になっていてはダメなんだ。・・・・・と。
今ぶら下がっている果実は、頑張って黄金色になるまで待つことにしましょう。


と言いつつも、枝で被っている果実は間引きします。

形も悪いし、小さいし。
でもこれはこれで、炒めると普通のピーマンより旨いんだべさ。
さて、気を取り直して待つことにしましょう。

パセリってこんなもんでよかったっけ?

秋植えのパセリ。

こんな時期に植えたことがあったっけ?
だいたいが春から夏にかけての野菜だと思っていたんだけど、苗が売られてるってことは、時期的にはイケるってことだべな?

あんまり成長してないみたいだし、根っこに近い方の葉っぱは黄色くなってきてるし。
ホントにこんなんでよかったっけ?
誰か教えてケロ。

ナスは今からどんな方向に向かう?

葉っぱだけ見れば、まだいけそうなナス。

しかし、 またぞろ微妙に白い。

それでも、

ところどころで、 花を見つける。

まだ楽しませてくれるのか?
ナスにアダ花なし、なんていう迷信は信じない。
それでも待つしかないよね。

ニラがね、いいかもしんない

先週の日曜日だったかな?
ニラを入れてキツネ丼にしようと思い、プランタから刈り取ってきた。

 なんだこのピンボケは?

まあ、朝のことだから仕方がない。

とはいえ、 3分の2ぐらいカットしたかな?

少し見た目はまばらっぽい。
されど心配には及ばぬ。

 ご覧のとおり。

その一週間前に刈り取った後からはすでに新しい芽が生えておる。
ニラは永遠なり。
その活力が、食することで我がものとなるのだ。
またぞろ残っているものも、まだ気温が下がりきらないうちに、一度は刈り取っておくほうが良策かも知れないね。

日向性のセロリの鉢を回転してやるのだ

冬に向かってチャレンジセロリ。

随分と葉っぱがそれなりに生えてきました。
そして、葉っぱがこっちを向いているのがわかります。
そう、日向性なのです。そこで・・・・・、

鉢を180度回転させてやりました。
これで万遍なく広がるようになると思います。
思います・・・。
なってください。