んだべな実験農園公開ノート

プランターで作る野菜のブログ

芽キャベツを芽キャベツらしく

昨日、福井から帰ってきました。
仲間内だけの忘年会に行ってきました。
何を食べたかって?
それはおいおい、「ござるな偏り凝り食い記録帖」にてお知らせします。


さて、芽キャベツですが、

 まだまだ小さいままです。

それでも、少しでも芽キャベツらしくしようと思って、

こげな感じにしてみました。
小さな芽があることはあるのですが、これがそのまま大きくなるとは思えません。
もっと長く伸びてもっと芽が出て大きくなることを祈ります。

植え替えてみた残り苗

タマネギの苗とサラダそら豆の苗が残っていた。
それを適当に植えていたが、ちゃんとした場所に植え替えてみた。

 ジャンボタマネギ

ニンニクプランターに。真中が空いていたから。

 サラダそら豆

メイン花壇のはじっこのところ。なんとなく空いてるような感じだから。
もったいない精神がこげな感じで出てしまう。
凶と出るか吉と出るか。

まだやるか苗の植え付けサラダ菜、えっ?種まきも?

パプリカの鉢が開いたので、苗を買ってきて植えたとさ。
買ってきたタイミングはパセリと同じ。

 ほらね可愛いでしょ。

このあと帽子を載せて防寒に備えます。
そして種まきは2点。

 スナップエンドウ

 辛味だいこん

新しい種ではないので、本当に発芽するかどうかも不安です。
一応帽子をかぶせて、晴れた日には気温を確保します。
発芽するかな?

小さな結球を収穫-キャベツ

調べたら、8月中旬の植え付けだったキャベツ。
三ヶ月ちょっとが経過している。

 収穫適期がわからない。

しかし、これ以上期待するのもかわいそうな気がする。

 一応結球してるし。

いっそのこと、虫に食われまくる前に収穫してしまえ。
って言って、カットし、穴だらけの葉っぱを取り除くと、

 見事な手のひらサイズ。

今回はこれでも十分だと思うことにしよう。結球したし。


あとは、後継の  こいつに期待。

キャベツは難しい。